Column ライブスケジュールにて連載されているコラムです。

(2019年3月号掲載分)


「バンドさんいらっしゃ〜い」 地元バンドによるコラム

2019.3 藤谷ちはる

「3月22日(金)ベータ初!ファンクセッション!!」
 ドラムの藤谷ちはるです。この度ベータにてファンクセッションを開催させて頂く事となりました。キッカケはトロンボーンの持田道太郎(もっちー)からの「姫路でファンクセッションしないんですか?」の一言です。大阪住みの彼がわざわざ姫路に来ると言うのです!それは利用しない手はない!ならいつもの仲間をホストにして、皆さんが気軽に参加できるような雰囲気でやりたい!と言う事で、キーボード長野弘志(ひろしくん)ベース城本オサム(しろもっさん)を迎えます。年末このメンバーで一緒にライブをしたギターの横山拓也(この方東京住み)に冗談で「姫路でセッションするけどホストどう?」と聞くと、まさかの「マジっすか?!やりますやります!!」との返事でしたので、東京から来ていただきましょう。と言う事で、Tb.もっちー、G.よこたく、Key.ひろしくん、B.しろもっさん、D.は私の5人でホストをします。Cメロ譜を人数分持ってきて頂ければある程度対応できます。特にホーン募集!お気軽に参加ください。

THE NEUTRAL しげるの「絶対売れるバンドマンへの道。」

2019.3
 三四郎ベータやめるってよ。高橋優が今にも歌い出しそうだ。一つの時代が確実に終わろうとしている。音楽とは文化だ。姫路の街の文化が確かに変わろうとしている。いやひょっとしたら終わろうとしているのかもしれない。三四郎さんとはよくケンカもした。意見が合わなかったことも多々だ。当時20歳の僕はどんなアドバイスをくれようが「自分のバンドで成功しなかった人のアドバイスは受けん!」といかつい生き方をしていた。そんな僕らを見捨てずケンカしようがいつもあの笑顔と30歳を超えても白いブリーフとランニングシャツを着ている純粋さで見守ってきてくれた。誰のアドバイスも受けずにデビューして成功したのだから、やはり俺はすごいと言うことだ。あ、すみません。自分を褒め称える文になってしまいました。悪いこと言わんんから一度ニュートラルを見とけ。これが三四郎さんが惚れ込み、売れると確信したバンド、つまり姫路のロックの文化を創ったバンドなのだ。見といて損はない。俺を讃えよ!銅像立てよ!!三四郎さんあの世から見守っていてください。南無。

新連載!スマイルレンジャー ふじもの「俺の!俺の!俺の、、、話を聞いて下さい」

2019.3
 あぁーピロシキ食べたいっ。どうもふじもっさんです。卒業シーズンです。はい。卒業式といえば、第二ボタン。女の子が好きな男の子から第二ボタンもらうっていうあれね。今でもその風習はあるんでしょうかねぇ。思い返せば中学校の卒業式、誰かに第二ボタンくださいって言われるの期待して卒業式後もしつこく学校に残ってたんですが、結局誰からも欲しいと言われずトボトボ帰った記憶があります。しかも帰り道に怖いヤンキーと出くわして、ボタン全部引きちぎられた上、川に捨てられるという。にが〜い!(逆井戸田)将来金持ちになったら重機でそのヤンキーの実家解体してサラ地にしたろっと心に決めたのは言うまでもありません。怨怨怨悠怨怨怨。はいゲシュタルト崩壊。というわけで、学生のみんなっ!青春しろよっ!

「ベタな人々」 ベータスタッフによるコラム

2019.3  ふうか

 ベータスタッフのふうかです。ベータに入って8ヶ月ほど経ちますが初めてベタな人を書かせてもらいます!この月刊に色んなコラムがあるのは前から知ってましたがベタな人をスタッフの人が書いてるというのは知らなかったので知った時はびっくりしました。ベータは高校生の頃から見に来たり何回か出演してたライブハウスでここで働けるのはとても楽しいです!高校生の頃は特に気にしてなかったんですが裏ではこんな色々な仕事をしてライブを支えてもらってたんだな〜と実感してます。また、ベータにいるとたくさんのライブを見る機会があって専門学校に入学してから音楽が出来てないので今年は何か出来たらいいなと思いました!あとベータでの仕事はまだ受付しかちゃんと出来ないのでホールでの仕事も出来るようになるのが今年の目標です!3月は締めの月にもなるので4月に向けて心機一転、頑張っていきたいです!ベータに訪れた時は是非よろしくお願いしますね!

 

店長須方の「三四郎茶屋」

2019.3 「三四郎茶屋」最終回
 この店長須方の「三四郎茶屋」も最終回となりました。長年ライブハウスベータ店長としてやってきましたが、この3月でベータミュージックを退社する事となりました。1995年11月開店からいますので24年目の春です。バンドの皆さん、お客さん、事務所関係の方、イベンターの方、その他多数の関わり合いがあった各方面の方々、本当にありがとうございました。スタジオ本町店立ち上げから、いろいろと貴重な経験をさせて頂きました。心から感謝しております。上のコラムでニュートラルのしげるからは死んだ事にされるようですが、死にません。ライブハウスのおっさんからふつうのおっさんに戻るだけです。これからのライブハウスは音響担当の金丸以下いつものスタッフでやっていきます。特に若いバンドのブッキングに関しては、サンシロウから若干21歳のバンドマン、ナカシマケンシロウにバトンタッチします。いろいろと新しい事に挑戦していきますので応援してやってください。これからもよろしくお願いします。
Twitter:@himejibeta facebook:姫路ベータ @himejibeta Instagram:livehouse_beta


過去のColumn 過去にライブスケジュールにて連載されていたコラムです。

バンドマン数珠つなぎ! 連載・姫路の虎たちのノート 

シオタニケイタの「メタル聞いたら彼女がデキタヨ!」